Entries

スポンサーサイト

レッドリスト:県、10年ぶり改訂 諫干の影響、シオマネキなど“格上げ” /長崎

レッドリスト:県、10年ぶり改訂 諫干の影響、シオマネキなど“格上げ” /長崎なにが「格上げなのか」と思って本文を見たら。 県は、絶滅の恐れがある県内の野生動植物をまとめた「レッドリスト」を10年ぶりに改訂し、28日発表した。従来の哺乳類、魚類など11類に加え、幅広く網羅するため貝類と蘚苔(せんたい)類からも新たにリストアップ。従来の1000種から1392種に増やした。【錦織祐一】 リストは01年3...

諫干開門調査の反対派が新たな会 街頭署名や集会開催へ

長崎新聞に「諫干開門調査の反対派が新たな会 街頭署名や集会開催へ」の記事がある。HPの記事へのリンクギロチンで悪名を馳せた、国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防排水門の開門調査に反対する諫早市の住民団体が新たに「本当に有明海を再生する会」というのを立ち上げたそうだ。言論の自由がある日本だから、どのような会が新たに出来ようが一向に構わないが、諫早市の商工団体や農業団体などでつくる諫早湾防災干拓事業推進連絡...

諫早の生活給付金

帰宅してみると、市役所から封筒が来ている。役所からの郵便物は、お金を出すことばかりだが、今回は生活給付金の申請書が入っていた。中を見てみると、世帯主等の口座で税金や社会保険を自動引き落としをしているものは、添付書類が要らないと書いてある。役所の仕事で、久しぶりに合理的なことが書いてあると思えた。市内で使ってくれと書いてあるので、来月の法事の後には市内で食事でもしよう。...

雲仙市で市道改良入札のミス

今日の長崎新聞に拠れば、8月28日に雲仙市で行われた市道改良工事で予定価格表を取り違えて入札が行われ、入札終了後に担当課がミスに気がつき入札を無効としたという。この日には、この工事の外に19件の入札が行われているが、件数が多いのは理由に成らないだろう。発注者のミスだから入札無効にすれば良いと思うかもしれないが、入札に参加するためには各社が見積を行って応札数字を決める。今回は関係業者が34社居たそう...

青森県での前田建設工業JVの落札疑惑

談合業者が落札 対応遅れに批判 青森県発注工事の記事によれば、国土交通省北海道開発局発注の公共工事をめぐる官製談合事件で、今年6月に社員が談合罪で略式起訴された前田建設工業(東京)が、国などの指名停止処分を受けた後の7月、共同企業体(JV)として青森県発注の工事を落札していたという。県は「事実確認に時間を要し、指名停止期間を慎重に検討したことなどで処分が落札後になった。怠慢でなく作業は適切だった」...

Appendix

プロフィール

禪透

Author:禪透
 人の世では定年となり雇用延長で嘱託生活となっても、やってる仕事は変わらない。

(ホームページへ戻る)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。