Entries

騒ぐ子供より親に腹が立つ(平谷温泉にて)


今日は日曜日。
小長井の牡蠣焼き小屋で昼食を済ませて、平谷温泉へ行った。
入浴してたら、3人の子供を連れた二組が入ってきた。
ぞろぞろと入ってきて、戸は開けっぱなし。
近くに居た、他所の方が閉めてくれても、親は知らぬふり。

子供達は広い湯船に興奮し大騒ぎを始める。

飛び跳ねてきた子に「こけるから走ってはいけない」と注意すると、5歳ほどの子供は素直に「ハイ」という。

熱いほうの湯船に私は入っていたのだが、子供が足を突っ込んで熱い熱いと騒ぐ。
「静かにしなさい。熱いなら向こうに行きなさい」といえば、これも素直に聞く。

子供が煩いのは当たり前。別に腹も立たない。

暫くすると、親が湯船で泳ぐ子供に同調しだした。

だめだこりゃ。

子供達は素直な良い子供だが、親があれではどうしようもない。
叱る気も無くなってしまった。

家に風呂が有るのが当たり前で育った、若い親の世代は、公衆浴場のしきたりを知らない。

温泉好きには辛い時代が始まったようだ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fwdnet.blog92.fc2.com/tb.php/454-22805d59

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

禪透

Author:禪透
 人の世では定年となり雇用延長で嘱託生活となっても、やってる仕事は変わらない。

(ホームページへ戻る)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: